友達追加で簡単無料相談
友達追加で簡単無料相談 簡単査定
ジャパンマネジメント。全国対応いたします。お気軽にご連絡ください。
電話

ファクタリング日記

エリア 熊本県
業種 製造業
調達金額 400万円
ファクタリングならジャパンマネジメント

ファクタリング で 資金調達

熊本県 の ファクタリング 事例

地域:熊本県熊本市

業種:製造業

資金調達金額:400万円

資金調達日数:申込翌日

予定していた入金が焦げ付く。外注先への支払いがあったため

ファクタリングで来月の売掛金債権を売買。

予定の支払いに間に合うことができた。

急な資金繰りの対応はファクタリング

 

ファクタリングの豆知識

手形との違い

取引先から回収する代金を根拠として「資金調達」する方法に手形割引があります。
ファクタリングと手形割引の違いを説明するにあたって、まずは「手形割引」についてご説明します。

手形割引の「手形」というのは、通常、「約束手形」のことで、「指定した期日に予め定めた金額を支払う」ことを約束した書類です。

約束手形は、金融機関(銀行など)を通して決済(お金に換える)されます。

手形割引とは

手形割引とは、支払期限が先で、まだ決済してもらえない約束手形を金融機関で前倒しして換金することです。

通常、手形は受け取ってから、数か月先まで決済してもらうことができません。

この決済してもらえる日のことを手形期日と言います。

しかし、手形を受け取った側としては、既に商品の販売が終了しているにもかかわらず、数か月もお金をもらえないのであれば、資金に困ることがあります。

そのため、手形期日前に、金融機関で前倒しして、お金に代えてもらうことができ、これを「手形割引」と言います。

もちろん、取引先は手形期日まで、手形の代金を支払いませんので、手形割引した日から、手形期日までは、金融機関が立て替えることになります。

そのため、金融機関としては、その期間に応じた手数料や、利息をもらいます。

金融庁と日本銀行が全銀協に不渡り猶予を申請

 

お問い合わせは
こちら

<24時間いつでも受付>