友達追加で簡単無料相談
友達追加で簡単無料相談 簡単査定
ジャパンマネジメント。全国対応いたします。お気軽にご連絡ください。
電話

ファクタリング日記

エリア 広島県広島市
業種 建設 解体業
調達金額 1200万円
ファクタリングならジャパンマネジメント

ファクタリング 豆知識

ファクタリング の 違法性 について

需要が伸びるとともに、ファクタリングの市場は加速度的に広がっています。しかし、違法行為やファクタリングを装った貸付を行う業者も増えていることから、金融庁では注意を促しています。ここでは、ファクタリングの違法性について説明します。

ファクタリング に 関係する 法律

2社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社への債権譲渡をともなわないため(自社に債権がある状態)、自社とファクタリング会社との合意のみで契約できる売買契約となります。法律上は民法第555条「売買契約」が適用されます。

一方の3社間ファクタリングでは、売掛先の承諾を得たうえで債権の譲渡が行われます。法的根拠となるのは、民法第466条「債権の譲渡性」と民法第467条「指名債権の譲渡の対抗要件」です。

「債権の譲渡性」において、譲渡人(自社)と譲受人(ファクタリング会社)との合意のみによって債権譲渡ができます。ただし、民法第467条により、譲受人(ファクタリング会社)が債権者となったことの有効性を示すためには、売掛先である債務者への通知または承諾を得るという手続きが必要となります。

この手続きをとることで、売掛先は誰に対して支払わなければならないのかが明確になります。

金融庁HP:ファクタリングに関する注意喚起

ファクタリング 資金 調達 事例

ファクタリング 広島 建設業

地域:広島県 広島市

資金 調達 金額:1200万円

資金 調達 日数:2日

ファクタリング 手数料 :13%

ファクタリングのご相談はジャパンマネジメント

お問い合わせは
こちら

<24時間いつでも受付>